HOMEへ戻る
実車両で電車でGO〜! "のと鉄道"運転体験

実車両で電車でGO〜! "のと鉄道"運転体験

毎回、大好評!!!最近はサプライズも続出の『のと鉄道 運転体験』が今年度も開催されます。 現役車両を運転して、本物のレイルマン気分を味わおう〜♪ 詳...

詳しくはこちら
運営組織
プライバシーポリシー
掲載店舗になるには
観光する体験する食べる泊まる買う応援スポンサーのとレポート




花も雪も人も能登・・里山の夏

2012-08-02【夢一輪館

昨日に続いて、今日は里山の夏を紹介します。

 

裏山のキノコ山に数年前から突如、現れた「土アケビ」です。

 

子供の頃から山歩き、山遊びが好きだった蕎麦屋の親父ですが、

緑の森の中に、この毒々しい色の物体を発見した時は正直に狼狽えました。

 

読書は苦手の蕎麦屋の親父ですが、植物図鑑で見たことがあって、予想はついていたものの、触るものちょっと躊躇いました。

 

暑ーい夏だから美味しくなるものの一つとして、里山では梅干しの土用干しをしています。

 

「能登の梅干しって、どうしてそんなに赤く色濃いの・・?」って関東の人は言います。

 

たっぷりの紫蘇を使っているからです。紫蘇の赤色を梅干しに染めているのは能登だけじゃないと思うけど・・

「赤くないのは梅干しじゃないよ・・んん」

 

三日間の土用干しをして赤く染まった梅干しが出来上がると、さらにその紫蘇を天日で乾燥して「紫蘇の粉」を作ります。

おにぎりやふりかけによく使われている「ゆかり」とも言われてますが・・

 

とにかく、暑ーい日差しがあってこそ、美味しいものが完成する、里山のひとときです。

 

里海の塩づくりも、前回紹介したように、真夏の暑ーい陽射しが里山・里海に住む私達の生業を助けてくれているのです。

 

 

 





花も雪も人も能登・・里海の夏

2012-08-01【夢一輪館

輪島の小鵜入、曽々木浜の夏です。

 

日中はとても暑い日差しで、ただ鳥たちが戯れ、静かに夏の一日が流れていきます。

 

曽々木海岸の町野川河口からは、かつて桜ウグイやヤツメウナギが産卵の時期に数多く遡上しては、海の無い、当時の柳田村の郷土料理として、また、蛋白源として利用されていました。

 

近くには、観光塩田もあり、この熱い日差しが塩づくりに格好の時期で、海水を塩田に撒く作業が毎日繰り返されています。

 

前方には、能登の観光名勝「窓岩」が見えます。

 

さらに、その周辺には岩倉山、時国家、垂水の滝などの名所地もあります。

 

能登の里海、あなただけのシャッターチャンスで待っています。


能登のやさしい土を感じました。

2012-07-29【農家民宿 満作の宿

能登町 松波の人形祭りは炎天下。
それ以上に町は熱かった。

『動くぞ〜!!肩入れて!。』

1.2...ふんがぁ〜。
首から肩。腰、ふともも、ふくらはぎまで全身に普段感じることのない重力。
約1tのキリコを20余名で担ぎ上げ町を練り歩く。

たった1時間の担ぎ手でしたが、心地よく。
全身の筋肉の疲れよりも、何倍もの充実感を感じました。

能登町 松波の人形キリコ祭り

祭りを見ようと、時間もわからず10時に松波入り。
ご縁あって、『ちょっと担いでみんか?』。の一言に
即答で『はい。』と

祭囃子に合わせ、上下左右に揺れる揺れる…
キリコがキシキシ音を立てるたび
ずしんずしんと圧し掛かる重圧。
頭の先から背中・お尻まで汗吹き出し必至!

能登町 松波人形キリコ祭り


自然と会話も弾み、広がる一体感。
県内各地の大学生が文化交流の一貫で
担ぎ手として、大勢参加もされてました。

『祭りは町を楽しくさせてくれる。若いもんは減ってさみしい町になるけれど、それは…仕方ないんや。』

『そんでも、年に1回の祭りの時期は、こうして人が集まってわいわい騒いで、瞬間の人口は1.5倍くらいにはなるからな。』

『文化交流と言っては、祭りを遠くから見に来てくれる方も大勢いらっしゃるが、ほんとはどっぷり内に入って楽しんでもらいたいな。』

能登町 松波人形キリコ祭り

 
『キリコ担ぎたい。って言われたら、嫌やなんて言うもんはおらんよ。こっちも若いもん少ないんやし、喜んで歓迎するわぃ。』

『そやそや。祭りきっかけに引っ越して来たもんもおったわな。』
『せやせや。』

能登町 松波の人形祭り


30mの火柱は圧巻。火祭りは神事!

2012-07-29【島宿せがわ

日も暮れ
辺りが少し落ち着き始めた20:00

能登島 向田の火祭りが伊夜比?神社からキリコ先導に太鼓の音と共に始まりました。

能登島 向田の火祭り

『キリコが主役の祭りじぁないんだわ。』

火祭りは神事。
スタートの神社から、松明のある広場までは約400m
その距離を1時間かけ、 太鼓、鉦をうちならしながらゆっくり進む。

能登島 向田の火祭り

高さ30mの柱松明の回りを7回。
神輿を先頭にまわり終わると、
手松明が無造作に置かれ、待ってましたと言わんばかりに
周りにいた人達が、炎の輪になった。

能登島 向田の火祭り

『パン!!』 『パン!!』
銃声かと…と思ったほど、鳴り響く竹が燃え割れる音。

どのくらい経ったのか。
誰かのかけ声とともに、一斉 手松明を柱松明に投げつけ
あっという間に、巨大な火柱に

能登島 向田の火祭り

夜空一面が真っ赤に染まり
その巨大な火柱は、生物のよう。
すごい。という迫力を超え、怖い。と思えるほどでした。

能登島 向田の火祭り

燃え尽きた柱松明の先に付けられている御幣を取ったものは延命息災が叶うといわれているそうで、炎も落ち着く間もなく一斉ダッシュ。
『みんな酒飲んどるもんで、あつうないんやわ。』

御幣取りの瞬間は、ケンカ祭りさながらでした・・・。

能登島 向田の火祭り

燃昇る時間は、数十分間。
この時間を守り続けるために、地元の方々は20m以上にもなる中心神木を保管し、藁をかり、柱を立てて 大切に文化を守り続けているのだと感じました。 





花も雪も人も能登・・漁火の宿

2012-07-28【夢一輪館

切り立った断崖を縫うように下り着ついたところは、輪島市小鵜入の小さ

な漁港だった。

輪島市内から大沢に向けて、海沿いの景色を楽しみながら車を走らせると、

10分程度で到着した。

 

民宿「漁火」を経営する下孫一さん等の漁船が数隻並んでいる。

 

早朝に引き上げられる定置網には、鯛、鰤、ヒラメなどの大型高級魚が水揚げされるという。

 

小鵜入の港に沈む夕日の絶景を惜しみながら、宿は当然「輪島温泉民宿漁

火」に・・

 

宿の主人、下孫一さんが腕を振るった活魚の舟盛りは、タイやヒラメの

舞い踊り・・なんともはや至福のひとときであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 



能登は晴れてます!暑いです!夏はこれです!

2012-07-25【能登を笑顔でつなぐコーディネーター け〜

能登にも夏がきました。

とにかく日差しが厳しいです。

食欲がなくなり、ジュースがぶ飲みの時期ですが、体のバランス調整にこれです。

私個人的には、酢醤油、ポン酢で食べるのですが、黒蜜で食べる方も多いのでしょう。

酢がきついので急いで食べないでね!

と忠告しても、うどんやそばのようにすすり上げる方。

むせますので気をつけましょう

節電の夏にかかせない能登の旬の食材です!




大盛況でした!

2012-07-24【まちづくり会社 江尻屋

22日、『長谷部祭り』が行われました。

わが江尻屋は、金魚すくい・ウォーターダッシュをしましたよ〜(^^♪

あの白山市出身の≪ぶんぶんボウル≫が、どうしてもウォーターダッシュをやってみたい!と挑戦しました。

なんとも威勢よく走りました(笑)

2人ともお上手でした〜❢

でもかなりバテバテだったような気が・・・(笑)

午後からは、穴水町役場からパレードが出発です(^^)v

今年の信連様は、あの三平さん夫婦❢

小学生・婦人会の穴水音頭、よさこい、神戸の学生たちが通り、いよいよ登場〜

というところで、デジカメのバッテリー切れ・・・・・(;一_一)

もう1台取りに走って戻ってきたら、あら???

三平さんの背中が・・・

諦めて奥様の国分佐智子さんをパチリ❤

「さっちゃ〜〜〜ん!」

やはり、三平さんよりもすごい声援でした(^u^)

でも、ほんとキレイでした❢

パレードが終わると同時に、会場は『あすなろ広場』に移動です。

県内外の≪太鼓の競演≫の始まりです♪

熱気に溢れたところで、9時半から花火大会❢

屋形船も出港してお祭りムード全開♪

50回記念という節目もあって、大盛況に終わりました〜!(^^)!

        



能登スマートドライブプロジェクトがスタート

2012-07-20【能登を笑顔でつなぐコーディネーター け〜

能登空港開港9周年記念に併せて、7月7日に能登スマートドライブプロジェクトがスタートしました。

能登スマートドライブプロジェクトとは、世界農業遺産に認定された「能登の里山里海」を活用した取り組みの1つとして、能登地域に公衆無線LAN環境とEV/PHVの充電スポットを併せて整備することで、スマートフォンの活用とエコ観光を組み合わせた全国初の試みを実施し、地域の活性化につなげるとともに、公衆無線LANを活用した新たなコンテンツビジネスモデルの創生を目指します。(能登スマート・ドライブ・プロジェクト協議会事務局のホームページより抜粋)

昨年、日本初の世界農業遺産認定をうけた能登半島。

能登の世界農業遺産とは、能登の暮らし、人、もの、文化など伝統的な農業・農法、生物多様性が守られた土地利用、農村文化・農村景観などを「地域システム」として一体的に維持保全し、次世代へ継承していくことを目的にしていることもあり、排気ガスを出さない電気自動車の普及を促進させる目的と合致するところがあると感じます。

我が国日本は、原発に依存すべきかいなかで、議論がおこなわれている真っ最中ですが、その影で原発にたよらないメガソーラー発電(太陽光発電)、風力発電をしくしくと能登では建設されており、いずれ原発は必要がないと言える地域になっていればと思います。

EV/PHVの充電スポットですが、これまでの周遊観光の通常の観光地よりも能登の自然を感じてほしいねらいがあるのか、能登の文化、里山里海を感じることができるポイントに充電スポットがおかれております。

エコなライフスタイルを好む人たちが能登を訪れるきっかけになればな〜と期待しております。

今月仕事で訪れた時に撮影した充電スポットの写真を掲載いたします。

 



日中友好交流団in春蘭の里2012

2012-07-19【農家民宿 満作の宿

中国からの子供たちが農家民宿(春蘭の里)で体験交流をしました。

総勢110名ほどとなり、楽しい能登の時間を一緒に過ごしました。

 

体験としては、竹箸作りや、古代式の火おこしを一緒に行い、子供たちは初体験のわくわく・ドキドキであっという間の体験時間でした。

 

夜は、蛍の行進を見に夜散歩に出かけ、あまりの大群に見に行った私たちでさえ、びっくりするほど!(残念ながら、写真は撮れませんでしたが・・・)

 

また今年は、予定として年内にあと4回ほどの 交流団を迎え入れながら楽しい能登の時間を体感・体験してもらいたいと思っています。

 

 



寄り道パーキング 春蘭の里!ついにOPEN!!

2012-07-19【農家民宿 満作の宿

2012年7月15日 寄り道パーキング 春蘭の里が完成。

完成式が町の子供たちと一緒に開催されました。

 

売店にトイレと休憩スペース。さらには電気自動車用の充電設備が完備されています。

売店名称は、地元の中から案を出し思案中です。

 

お近くに寄った際は、ぜひ寄ってみてください。

 

 

夜空の星がすごく近く見えるお宿

夜空の星がすごく近く見えるお宿

満作の宿では、夜の散歩コースに能登空港の展望台をおすすめしております。 まっくらな夜空に見える満天の星空は、都会では見ることができない感動ものです。 ...

美食工芸 職人の店

美食工芸 職人の店

能登のお米、能登のお塩、能登のお菓子などの食品、珪藻土バーベキューコンロ、能登の切り出し七輪、輪島塗、輪島塗箸、珠洲焼といった工芸品をインターネットにて販売して...

能登の新鮮な魚をぜひ!! 

能登の新鮮な魚をぜひ!! 

毎日、地元宇出津港から旬で新鮮な魚を仕入れています。 刺身用、焼き物用などお客様のご要望に応じて捌きますので、魚が捌けない人でも安心してお越しください。全...

【Meegle特典!】工房直販の輪島...

【Meegle特典!】工房直販の輪島...

輪島 塗太郎でござます。 輪島塗の製造直販工房 輪島塗太郎がご案内致しますのは、工芸品の輪島塗にとどまらず全ての漆器・器の魅力をお伝えすることです。 ...

手打ちそば やぶ朝市店|能登路では昔...

手打ちそば やぶ朝市店|能登路では昔...

当店では能登で採れた"そば"を基に国内産各地のそばをブレンドして、毎日その日に使用する量だけ石臼で自家製粉しています。 黒い皮をむき製粉した白い粉でつなぎを使...

【Meegle特典!】日本でただ1つ...

【Meegle特典!】日本でただ1つ...

輪島 塗太郎の喫茶コーナは、総漆塗りの塗師蔵になっております。 また、メニューをお出しする際の器も全て輪島塗! 優雅なひと時えおお過ごしください。 ...

観光スポットをもっと見る
のとMeegle トップページ | 観光する | 体験する | 食べる | 泊まる | 買う | レポート | お問い合せ | 応援スポンサー | のとMeegleについて
利用規約について | 免責事項について | プライバシーポリシーについて | 掲載店舗募集について

Copyright© Noto Sightseeing experience conference All Rights Reserved.