HOMEへ戻る
ナイフメーカーの一面も。オリジナルのグッズも多数♪

ナイフメーカーの一面も。オリジナルのグッズも多数♪

オリジナル好きのひげのマスターが、やっています。 …最近は髭は剃っていますが。...

詳しくはこちら
運営組織
プライバシーポリシー
掲載店舗になるには
観光する体験する食べる泊まる買う応援スポンサーのとレポート




夢一輪館から・・「能登巻き」好調発信

2012-12-27【夢一輪館

金沢近江町いちば館「能登里山里海市場」で「能登巻き」の試作販売をしました。

一日限りの試験販売でしたが、一時は行列ができるほどの盛況で、200本余りの「能登巻き」はほぼ完売でした。

一番人気は時節柄もあって、「能登鰤巻き」、「能登牛巻き」に続きました。

能登の素材の力、能登里山里海の恵み、本物の味が評価されたようです。

「能登を巻く」・・能登巻きの美味しさをさらに発信します。






夢一輪館から・・美味しい能登「牡蠣味噌」

2012-12-25【夢一輪館

能登麦が浦の牡蠣が最盛期になりました。

そんな牡蠣の剥き身をふんだんに使って、今年も「牡蠣味噌」を作りました。

じっくりじっくり、コトコトと時間をかけて煮詰めていきます。

贅沢な「牡蠣味噌」が完成しました。

贅沢な舐め味噌「牡蠣味噌」です。

温か〜いご飯に、お酒の珍味に最高です。

 

 





夢一輪館から・・美味しい能登「このわた」

2012-12-24【夢一輪館

日本の三大珍味「このわた」づくりが今年も始まりました。

穴水町中居の森川仁久郎さんは、コノワタ、クチコづくりの名人として知られています。

コノワタはナマコの腸、クチコはナマコの卵巣から作られるもので、高級珍味として名高いものです。

寒さがますます厳しくなるこの頃から、ナマコ漁が始まり、年明けなるとクチコ作りも始まります。

能登は味覚半島とも云われ、まさにコノワタ、クチコは能登から全国に発信される究極の珍味と云えるでしょう。





夢一輪館から・・美味しい能登「牡蠣」

2012-12-24【夢一輪館

能登穴水湾「麦が浦」の牡蠣

夏の猛暑で牡蠣の生育が心配されていましたが、このところぐっと寒さも増して、牡蠣も大きくなってきたようです。

麦が浦で牡蠣を育てている道辺要助さんを訪ねました。

毎年このシーズンになると、道辺さんのところによく通います。

蒸し牡蠣は予約料理に使って好評です。一人で五個、十個と贅沢に食べる人もいます。

夢一輪館では、「牡蠣いしり」「牡蠣味噌」の加工品も製造しています。

年明けになると、さらに大きく身が締まって牡蠣はさらに美味しくなります。



冬の北陸能登には必需品!!

2012-12-22【たたみ靴店

北陸能登は、湿った雪が多く足もとも不安。
でも、そんな足もともこのトップドライ GORE-TEXさえあれば敵なし!!

このトップドライは、GORE-TEXの防水性に軽さ、そして北海道でも太鼓判の滑りにくいセラミックソールを使用し、今一押しのアイテム!!

このトップドライは、デザインも10数種類でカラーも豊富。

輪島朝市にお越しの際は、たたみ靴店まで足を延ばしてみて下さいね。





夢一輪館から・・能登を巻く

2012-12-22【夢一輪館

能登の寒鰤・・いよいよ本格的に捕れ始めたようです。

能登巻に使う、能登プリが捕れるのを待っていました。

北海道の昆布も、今年の猛暑で不作と聞いていましたが、ようやく上質の日高昆布を入手できました。

北海道から届いた20キロの昆布は、能登の厳選した素材「能登牛」「能登豚」「能登鰤」「能登紫蕨」との相性は抜群で、ようやく四品の「能登巻」が完成しました。

たかが昆布巻き・・されど・・

日本の伝統食としての昆布巻き・・能登ならではの「昆布巻き」の誕生です。




夢一輪館から・・あったかーい暮らし

2012-12-21【夢一輪館

雪の降り始めはとにかく寒ーい・・ですね。


そんなある日、絞りたての牛乳と手作りのアイスクリームを求めて、能登町の二子山牧場を訪ねました。

新雪が降り積もった道路には、車の通った後も無く今日の訪問者は私が一番乗りだったようです。

広ーい農場は真っ白な雪景色で、新鮮な空気で澄みきっていました。

今朝、子牛が誕生したようで農場は忙しそうでした。

それでも、お話し好きの橋本さんは愛想よく対応してくださり、絞りたての牛乳を分けてくださいました。

こんな寒ーい一日でしたが、橋本さんの温かーいお話と、7〜8匹は居たと思われる猫たちの温かーい暮らしぶりに、心も温かーい気分でした。

野良猫、捨て猫たちが、橋本さんの優しい心に甘んじて、寄ってきたようです。

毎日美味しい牛乳を飲ませてもらって、発泡スチロールの箱の中に身を寄せ合って、この寒ーい冬を過ごしているのでした。








毛嵐(けあらし)

2012-12-17【越後屋 キッチン

「けあらし」とは北海道の方言で、冷え込みの厳しい日に海面に発生する湯気のようなものをいいます。

 

 

 

 

 

「けあらし」は、放射冷却により冷え込みが強まった日に、内陸や山地の空気が冷やされ、その冷やされた空気が暖かい海面上に流れ込むと、水蒸気の急激な蒸発により霧が発生することで起こります。このように発生した「けあらし」はその後の気温の上昇などの要因により消滅してしまいます。

 

 

高さは2、3mの小さなものから、10m位の大きなものまであります。この「けあらし」は気象用語にはなく、気象用語では「蒸気霧」(じょうきぎり)といいます。

ちなみに、「けあらし」は北海道の方言と上述しましたが、留萌地方で使われ始めたのがきっかけと言われています。

 

 

レポートは私、とづかすずこがお送りしております(・ω・)!

 

能登の恵みを貴方の食卓へ・・・ 越後屋キッチン♪

また次回もお楽しみに!!


 



きりこ型街路灯

2012-12-16【越後屋 キッチン

輪島市まんなか商店街振興組合のきりこ型街路灯です。このきりこ型街路灯は30基もあり、
毎晩道路を照らしています。

 

 

 

 

 

 

朝まで点灯している為、歩行者にとっては安全面において大変役立っています。
輪島の祭りで代表的なキリコをかたどっています。




賑わいました!

2012-12-14【まちづくり会社 江尻屋

今日は、お年寄りの楽しみのひとつ「年金支給日」。

 

この支給日と商店街の賑わいも兼ねて、『ゲリラ市』を開催しました❢

 

晴天に恵まれいつもより人通りも多く、予想を上回る売れ行きでした〜。

 

毎日、こんな賑わってくれたら最高なんですけどね・・・

 

さぁ〜〜〜、今度はいつ登場するか、お楽しみに(^_-)-☆

 

 

蔵元の店先で、ちょっと一杯!!

蔵元の店先で、ちょっと一杯!!

当蔵、自慢の大吟醸「金瓢白駒」や純米酒「おれの酒」がカップで気軽に飲めます。 また、人気の冷やし甘酒などもございます。 店内で、座って飲むも良し、カ...

自慢の朝獲れ能登の鮮魚を食べながら、...

自慢の朝獲れ能登の鮮魚を食べながら、...

島宿せがわでは、朝獲れの旬な地魚でお待ちしております。 お料理は、舟盛り・お寿司など各種料理プランがございます。 またご一緒に、能登島内の宿でしか飲めない限...

輪島で食事に迷ったら、どうぞ!夜11...

輪島で食事に迷ったら、どうぞ!夜11...

カフェレストラン マリナーズは、いろんな使い方ができる便利なお店です。 喫茶店として、コーヒーやケーキ・パフェ等を楽しむのも夜11時までOK〜! 家族で食事...

すべてが能登を形成する素材なんです。...

すべてが能登を形成する素材なんです。...

■畑のチーズ(しお味/いしり味/みそ味) 能登の豆腐を拘る男がいる。能登のいしりを伝えてきた男がいる。能登の塩を守ってきた男がいる。そんな能登の頑なな技が...

宇出津港でとれた新鮮食材と自慢の自家...

宇出津港でとれた新鮮食材と自慢の自家...

■定食(国内産こしひかり使用) ・日替り定食 …700円 ・鳥唐揚げ定食 …900円 ・牛焼肉定食 …1,000円 ・刺身定食 …1,000円 (他いっぱい  ...

地元のつくり手による器でお茶やお菓子...

地元のつくり手による器でお茶やお菓子...

店内はすべて地元材を使い、拭き漆をほどこしてございます。地元のつくり手による器でお茶やお菓子をお召し上がりください。 ...

観光スポットをもっと見る
のとMeegle トップページ | 観光する | 体験する | 食べる | 泊まる | 買う | レポート | お問い合せ | 応援スポンサー | のとMeegleについて
利用規約について | 免責事項について | プライバシーポリシーについて | 掲載店舗募集について

Copyright© Noto Sightseeing experience conference All Rights Reserved.