HOMEへ戻る
ナイフメーカーの一面も。オリジナルのグッズも多数♪

ナイフメーカーの一面も。オリジナルのグッズも多数♪

オリジナル好きのひげのマスターが、やっています。 …最近は髭は剃っていますが。...

詳しくはこちら
運営組織
プライバシーポリシー
掲載店舗になるには
観光する体験する食べる泊まる買う応援スポンサーのとレポート

蟹甲伝説の地・・夢一輪館

2013-02-04【夢一輪館

ここ石川県能登町、旧柳田村・重年地区に古くから伝わる「蟹甲伝説」に因んだ無形文化財「十七夜祭り」がある。

鳥追い行事の一種、田の畔に巣穴を作っては、田の水を漏水させる害虫として蟹を退治することをストリーとして「松祝いの儀」が行われる。五階五葉の稲穂に見立てた大松を掴んで離さない、蟹に扮した児童達を追い払うという奇祭だ。

直会のメイン料理は大蕪の五階盛り、稲穂を象った「田楽豆腐」、そして縁起物のスルメや干イワシ、煮豆、昆布などをあしらう。

祭りの執行は、以前は持ち回り四戸の当組で行ってきたが、簡素化もすすみ、本年は重年区二班六戸で、来る二月十日に開催される。会場は重年集会場。

祭りのメイン料理は当親を任せられた高市が担当し、夢一輪館にて創作料理を行うこととなった。今回は蟹甲伝説に因み、スルメを蟹に見立てた一品を創作した。

娘も手伝ってくれ、かなりリアルな蟹が完成した。

廃れ行く伝統行事を学ぶことで、また新しい創作へと繋いでいくことの楽しさを娘も喜んで受けてくれたことが何よりも嬉しいひと時であった。




今の時期しか見れません。酒蔵元の蔵見学!

2013-02-02【日吉酒造店

精米から始まり、米蒸しに麹(こうじ)造り。

もと造りを経て、仕込みに入ります。

仕込みタンクでは、酒母に麹・蒸米・水を加え、もろみを造っています。

 

耳を澄ませば、お酒の出来上がる音が聞こえてきますよ。

 

 室温調整は欠かせません。

搾りタイミングを毎日チェックし、火入れ・ビン詰めと新酒の出来上がり。

 蔵元は、今の寒い時期に仕込みに入りますので、輪島にお越しの際はぜひ蔵を見学してみてください。

 

 ※出来ましたら事前に、ご連絡いただければ幸いです。

 

※また、蔵の中は日本酒の香がいたします。普段、飲みなれない方は仕込みの香りで酔ってしまうこともありますので、ご注意ください。


明ける朝・・夢一輪館

2013-01-29【夢一輪館

雪かきに明け暮れる毎日

久々に青空が広がり、眩しいくらいの朝日が射して里山が輝いている。

澄み切った空気が、雪かきに疲れた体も心も癒してくれる。

「テン」だろうか?長いしっぽのリスくらいの小動物が嬉しそうに走り回っていた。

小さな足跡が、森の木々の合い間に走り回った様子で雪後に残っている。

「明ける朝、今日を生きる、新しき命」

夢一輪館の大テーブルを創作してくれた、埼玉県の家具作家、小島伸吾さんの言葉を思い返している。

夢一輪館も今年で20歳になります。

 

 





夢一輪館から・・美味しい能登「牡蠣?」

2013-01-18【夢一輪館

今夜の予約客は最高でした。
冬の能登は美味しさ満点です。

能登穴水麦ガ浦の牡蠣は、「能登かき祭り」の主役で、全国から多くのお客様を迎える能登のビックイベントです。

今年は、昨年の猛暑の影響で例年よりも水揚げ量が少なくて、若干品薄だという事ですが、今日は、最高の状態の牡蠣を友人から分けてもらいました。

贅沢にまるごと蒸し牡蠣、牡蠣のしんじょう蒸し、牡蠣味噌、牡蠣ご飯など、まさに牡蠣尽くしの料理と、能登宇出津港で水揚げされたマグロの刺身、毛蟹の炭火焼き、能登牛の旬鍋、蟹豆腐の茶わん蒸し、ハタハタとイカとんびの炭火焼き、などなど・・

贅沢三昧の新年会となって、お客様は大満足の様子でした。

蕎麦屋だからできる、焼酎の蕎麦湯割りが大変好評で、ペレットストーブも薪ストーブも、囲炉裏の炭火も要らないくらいに熱気で盛り上がっていました。

冬の能登は美味しさ満点です。そんな夢一輪館にようこそ・・!)^o^(



夢一輪館から・・「雪蛍」のようなあったかーい雪

2013-01-11【夢一輪館

雪蛍「ゆきほたる」・・?

新しい年も明けて、それぞれに気持ちも新たに迎えた新年かと。

1月10日、昨夜から降り続いた雪をすっきり除雪し、薪ストーブ、ペレットストーブ、囲炉裏の炭火を焚いて、予約の入っている新年会の準備を完了しました。

今夜のメイン料理は、能登牛を使った旬鍋、サザエご飯、手打ち蕎麦、蟹とキノコの天ぷら、金糸瓜の明太子和え、山芋のコノワタ添え、蕎麦ぜんざいなど。

里山の一軒家「夢一輪館」は奥能登でも、もっとも雪の多いところにあります。

今夜も雪がしんしんと降っていました。裏山も前庭も建物も白一色の白銀の世界です。そんな夢一輪館にようこそ・・

ライトアップした夢一輪館にまるで雪蛍のように舞い降りる雪に感動することしきり・・里山の一軒家の夜はメルヘンチックに暮れていきます。




夢一輪館から・・きのこの山も恵みの水源を蓄えて

2013-01-11【夢一輪館

四季豊かな能登の里山、冬に雪が降って雑木林に水源をたっぷり残してくれます。

雪解けとともに、山菜たちが顔を出してきます。それまでじっと雪の中で待っています。

キノコ達も、雪の下にじっと耐えて菌床を造っています。

里山の自然は、厳しい冬があって、滋養豊かな山菜やきのこを育ててくれます。

夢一輪館は、そんな里山の暮らしを生業としてやがて20周年を迎えます。

大雪を恨んだり、選んだ場所を後悔したことも度々でしたが、ようやくこの雪と向かい合い、その自然の恵みに感謝の思いを持つことができました。

雨にも負けず、風にも負けず、大雪にも負けず・・

能登に生きて来てよかったと・・


夢一輪館から・・能登を巻く第五弾「能登鯨」

2013-01-08【夢一輪館

能登を巻く・・第五弾「能登鯨巻き」完成

 能登巻きシリーズとして、これまでに「能登牛巻き」「能登猪部里児豚巻き」「能登紫わらび巻き」「能登鰤巻き」を試作してきました。

 今度その第五弾として「能登鯨巻き」を挑戦し、完成しました。

 能登町では、古くから鯨の食文化が伝えられており、この冬場になると定置網に迷い込んだ鯨漁が行われています。

 「お刺身」や「すき焼き」などに大人気の鯨です。上等の牛肉並みの価格で販売されていますが、鯨が捕れると、店頭のネギやゴボウが品薄になるというほどの人気ぶりです。そんな贅沢な鯨を太巻き昆布に仕上げました。




夢一輪館から・・つわものどもの雪の跡

2013-01-05【夢一輪館

  1. 夢一輪館から・・ツワモノどもの雪の後
    年暮れから降り続いていた雪も今日は久々に青空も広がって、美しい雪景色の能登でした。
    正月の延長戦で、孫娘5人が揃って雪遊びしたようで、せっかく軒下を除雪したのに、カマクラと雪だるまを作ったようで・・!(^^)!。
    でもその雪だるまが上を向いていきいきとしている表情に疲れて帰ってきた蕎麦屋の親父も、つい頬が緩んでしまいました。

 


年が明けたら春

2013-01-03【輪島 塗太郎

新年あけましておめでとうございます。

塗り太郎では早くも桃の節句の準備が

始まりました。

今年は、これまでなかった新しい感覚の

ひな人形を製作いたしました。

何時までも、そばで輝き続ける生涯の友です。

 

夢一輪館から・・鯨とれたぞー

2012-12-29【夢一輪館

夢一輪館から・・能登巻きシリーズ第5弾

「鯨巻き」に挑戦・・

「鯨とれたぞー」12月27日に情報が入って早速宇出津港近くの鮮魚店へ・・

能登町では縄文真脇遺跡でも、鯨の食文化が確認されており、とにかく昔から

鯨肉が大好きな能登町民です。すき焼きやお刺身など、スーパーや鮮魚店で並べられる鯨肉は高級な牛肉並みの価格でも、すぐに無くなってしまうほどの人気です。

そんな鯨肉を昆布に巻いて、「能登巻き鯨」の挑戦です。

完成すれば、おそらく国内初の「昆布巻き」誕生です。

能登牛、能登豚、能登蕨、能登鰤に次いでの第5弾、能登鯨の「能登巻き」を

是非お楽しみに・・年明け早々に試作開始します。

『ただいま。』『おかえり。』心も体も...

『ただいま。』『おかえり。』心も体も...

しいたけ小屋 ひろ吉は、1日1組のみの農家民宿です。 ご予約の受付は、ご宿泊の希望日3日前までが最終となります。 料金プランは、下記となります。 ...

「角 偉三郎 」 の合麓椀で能登丼。...

「角 偉三郎 」 の合麓椀で能登丼。...

当店の海鮮能登どんぶりは、角 偉三郎 初期の合麓椀でお出ししてます。 初代店主が若い頃、まだ無名だった偉三郎さんに頼まれて、大量購入したものです。今では信じら...

地魚料理の宿 能登 島宿せがわ

地魚料理の宿 能登 島宿せがわ

私達がお待ちしております 「人」が大好きなふたりです。話す事が大好きな三人です。 今まで出会えた人に感謝、これから出会える人に喜んでもらえるように。...

能登半島最北端 禄剛埼灯台

能登半島最北端 禄剛埼灯台

能登半島の最先端に位置し海上の安全を見守ってきた灯台です。ここは「海から昇る朝日と、海に沈む夕陽」が同じ場所でみれる日本で数少ないスポット。明治時代にイギリス人...

鮮魚屋の店内で食べる新鮮旬の能登の味...

鮮魚屋の店内で食べる新鮮旬の能登の味...

■平日限定ランチ(刺身orフライ) 各950円 ■下平丼 立山連邦盛り    850円 ■刺身3種盛り(1人前)   1,200円〜 ■フライ盛合せ   ...

輪島銘菓の「丸柚餅子」

輪島銘菓の「丸柚餅子」

「茶房 輪風庵」1階のお店では、輪島銘菓の「丸柚餅子」をはじめ、柚子を使ったお菓子を中心に色々な和菓子を製造販売しています。 柚子を使った奥能登輪島の名産...

観光スポットをもっと見る
のとMeegle トップページ | 観光する | 体験する | 食べる | 泊まる | 買う | レポート | お問い合せ | 応援スポンサー | のとMeegleについて
利用規約について | 免責事項について | プライバシーポリシーについて | 掲載店舗募集について

Copyright© Noto Sightseeing experience conference All Rights Reserved.